• お問い合わせはこちら

政策

希望の街へ。起動力

希望の街へ。起動力

ダウンロード

・政策アクションプラン リーフレットのダウンロードはこちら

・政策アクションプラン 「豊浦四町 本気の再生」のダウンロードはこちら

START UP起動1   創生の街へ人口減少社会への挑戦!

定住する若者、戻ってくる若者を徹底支援

  • “出会いの場”婚活支援
  • 若者に住宅建設補助
  • 官民定住奨学金の創設

市内大学と連携し、本市で就職、起業するやる気のある学生、戻ってくる若者を官民で支援します。若者が定住できるよう、就職・起業・居住などを強力に支援する仕組みを構築します。

長州出島 企業誘致!最優遇戦略

  • 人工島へ企業誘致
  • 港湾再整備
  • フェリーターミナル再整備

若者の流出に歯止めをかけるため、長州出島に積極的な企業誘致を進めます。また、港湾は本市の雇用増進や経済活性化のため高機能アクティブな港として機能再編、再整備を進めます。

地場産業・農林水産業の強化と人材育成、海外市場への展開

  • loT(あらゆるモノがインターネットにつながることによる革新)等活用支援
  • Only One創造支援
  • 産(商工農林水産)官学起業支援組織を創設
  • 先進事例と新たな販路拡大で儲かる水産業・農業

下関独自の資源を活用したloTの取組み、付加価値の創出やブランド化でOnly One創造を支援します。また、国内外市場のリサーチ、マーケテインタ戦略組織を創設して、市場ニーズや海外シフトを支援します。長期的な視点から、未来の下関を担う人材を大学と連携して育成し、自立起業ができる環境を官民で支援します。

まちなか居住の推進

  • 市営住宅移転・差額家賃補助
  • 高齢者・障がい者にやさしい福祉のまちづくり

中心部の空き家・空き地・市営住宅を再編します。そこに若者が集まり、多世代が快適に暮らせる住環境と、まちや商店街の賑わいを、地元企業と協働して復活させます。

START UP起動2   活力の街へ経済活性化・にぎわい創出

最新テクノロジーで”下関の魅力”発信

  • 街まるごとWi-Fi化・ソーシャルネットワーカ一事業
  • 火の山を”光のやま”へ、ロープーウェイ再編整備
  • 被災地に学ぶドローンの活用

川棚温泉・長府・火の山・角島・壇ノ浦・維新などの史跡や点在する有力観光資源、歌野棚田石垣や狗留孫山修禅寺など知られざる魅力の場所、菊川そうめん・蕎麦・剣先イカ・ウニ・しらうおなどの多くの食材を、新たな有機的ストーリーで情報発信します。また、新たな魅力あふれる場所の創造やイベントを誘致します。

ハイクォリティなウォーターフロント開発

  • 関門海峡道の駅の新設
  • 海響館リニューアル
  • あるかぽーと・岬之町船溜まりの埋立

関門海峡沿いのウォーターフロントに民間資本を導入して、ホテル・ユニバーサルレストラン・ショップなどの新たな施設を誘致します。関門の夜景を軸に大人が癒され楽しめる上質な空間を創り出し、多くの市民、来訪者により賑わいを創出します。また、港湾機能を再編し、貿易振興と雇用を創出します。

START UP起動3   改革の街へ未来に向けた行政大改革

徹底した行財政改革の実行

  • 若手登用公募型挑戦プロジェクトの創設
  • ゼロベースで事業見直し
  • 市職員の資質向上と職場環境づくり

機構改革大胆な人材登用、行政手続きの徹底的な電子化で、スピーディーかつ機能的な行政を目指します。果断な行政改革とゼロからの事業見直しで、将来にツケを残さない市政を運営します。

START UP起動4   優しい街へ女性・子ども・高齢者支援

弱者にやさしい保健と福祉

  • 障がい者雇用の推進
  • 国民健康保険料の軽減
  • 待機者ゼロの福祉施設の充実
  • 総合支援学校との連携強化

住み慣れた地域で生き生きと暮らせるように、すべての人が分け隔でなく、居場所と役割を持って過ごせるような仕組みづくりを推進します。

働く女性・子育て世代を強力支援

  • 病児保育施設充実を推進
  • ベビーシッターの充実
  • 民間保育園の新設・改築支援充実

働く女性・働きたい母親・イクメン・子育て世代を強力支援します。市役所にハローワークと連携した就職・各種助成金窓口を開設するほか、協力企業の優遇制度を創設します。24時間対応の病児保育室の開設や365日対応など、地域に応じた民間保育園の開設・改築を支援します。

未来を拓く教育を推進

  • 市立大学を総合大学へ
  • 小中一貫校の導入で学力向上

地域との連携で、郷土に誇りを持ち、下聞の未来を担う子どもを育てます。「いじめゼロ」への取組みを進めるとともに、ALT(外国語指導助手)の増員により、国際性豊かな人材を輩出します。

公共交通の再生

  • パス網の全面再編とICカードの導入
  • 生活パスの1コイン化(100円)

交通事業者と連携して公共交通を再編。将来にわたり持続可能で、利便性の高いシステムを構築します。都市部では下関駅・唐戸・東駅などの交通拠点に加え、商店街・病院・スーパーなどを有機的に結節し、高齢者に配慮したシステムを構築します。旧4町では、まず生活パスの1コイン化(100円)を実現します。

安心・安全のまちづくり

  • 危険箇所、道路の点検・整備
  • 長府トンネル4車線化
  • 下関北九州道路の早期実現

近年のあらゆる災害に対応した安心・安全に暮らせるまちづくりや、市民が進める浸水・急傾斜地対策を支援します。また、都市の基盤を支えるインフラ整備を、国・県と連携して着実に推進していきます。

旧庁舎を解体し、ミニ新庁舎に子育て支援施設を新設

  • 子育て支援施設の開設
  • アクセスしやすい庁舎へ

築後61年を経て劣化した旧庁舎は解体します。耐震化見直し経費25億円の一部を活用してミニ新庁舎を建設、そこに子育てサロン、一時預かり所、育児相談窓口など子育て支援施設を開設します。また、各種手続きを1箇所で済ませることができるワンストップサービス課を創設するなど、市民が利用しやすく親しみのある庁舎とします。

番外編   スポーツ・文化で輝く街へ!

  • 横浜DeNAベイスターズの公式戦誘致
  • スポーツする人を応援(新温泉市民プール建設)
  • アリーナ級の新総合体育館建設(全国規模のイベント・コンサートも誘致)
  • 日本中が注目する音楽フェスの誘致
  • オリンピック・パラリンピックキャンプ地の誘致
  • 海の安全を守るライフセーバーの活動を支援
  • 滝部温泉の再生

前田晋太郎の3つの全力